ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本雅樂會第50回演奏会

<<   作成日時 : 2011/10/07 23:53   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6


2011年10月7日
日本雅樂會第50回 雅楽公演が開催された。

国立劇場小劇場
画像

第一部 管絃
黄鐘(おうしき)調音取、越殿楽(えてんらく)、西王楽(さいおうらく)

第二部 舞楽
賀殿(かでん)、林歌(りんが)、納曾利(なそり)、長慶子(ちょうげいし)
画像

ゆみくろは、賀殿の舞人で出演させていただいた。
やはり、装束をつける重厚感と同時に、舞台に立つ責任感も重い

やはり雅楽は面白い

昼の部も夜の部も、ご来場いただきました方々
誠に有難うございました。

来年は50周年を企画中
2012年11月14日(水) 国立劇場小劇場
日本雅樂會 第51回雅楽公演 50周年記念

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この雅楽の装束ってすごいね
どうなってるのかしら?ってくらい
着方とか毎回大変そうね〜
頭からつま先まで顔と指先しか出てないよね
重さも着る時間もかなりかかりそう・・・

素朴な疑問ですが・・・
雅楽って何のためにあるのかなぁ?
舞踊だけど儀式っぽいし貴族の楽しみ?
神様へのお祭り?

毎回思うけどお雛様の飾りつけを思い出しちゃう
色といい後ろで奏でる管弦の方々の雰囲気と言い

国立劇場ってすごいところでの舞台出演お疲れ様〜
(@^^)/~~~
aiちゃん
2011/10/21 16:05
aiちゃんさま
いらっしゃいませ♪
気になる〜?!雅楽の事(^^♪
そうね、装束は持ち上げると重いけど
この装束は着ると思うほど重くないよ。

雅楽の質問、こたえちゃいますぅ?
何の為っていう切り口は、答えがないかもしれないけど
どうやって残ってきたか、という事では言えるかな。
宮中の儀式音楽、今では皇室など
かつての時代は貴族などによって、たしなみ等として
国が守ってきたもの、だから一般的な音楽芸能としてではなく、保存して来たもの。
だから民間に雅楽から派生して、能が生まれたり、歌舞伎ができたりして来た。
原点は雅楽なんだ。
西洋楽器も元は、雅楽器が発展したもの
シルクロードを西に行けば西洋楽器に発展。
似たような楽器は中国や韓国にもありますが
日本の雅楽器ほど原型はとどめていません。
笙は(途中は省略しますが)パイプオルガンに…
篳篥はオーボエなど…
龍笛(横笛)はフルートなど…

演奏だけの形態(管絃)は、日本に来てから編曲された。
元は舞楽(舞を伴う演奏)で日本に入ってきた。
だから、管絃(演奏)は日本でできた曲もあるよ。
だからオーケストラの和訳を「管弦」とした。
↑洋楽は弓へんをつかいます。雅楽は糸へんを使用。

もちろん、雅楽は中国、韓国、(ベトナム・インド)からわたってきたものもあるけれど、今「雅楽」とまとめて表現していますが。
もともと日本にあった、神楽・久米舞・東遊なども含めて雅楽と言っているので、これまたややこしい。

だいぶ…かなり省略して書きましたが
ブログのコメント欄に書ききれる内容ではないので
また、今度aiちゃんにながーい雅楽の説明メールをします(^o^)丿

え?!
もう良い?!(笑)
ゆみくろ
2011/10/21 19:42
へーーーーーーーーーーっ!
能や歌舞伎も雅楽から・・・
楽器も雅楽器が元になってる?
糸へんと弓へんで変わるってのも面白いね^^
ゆみくろさんて その辺りの事もちゃんと分かっててるのね(・o・)
尊敬だわ〜

はい!
もうえーですわ(藁)
そこまで知る必要ないからぁ〜〜〜
ありがとうね(@^^)/~~~
aiちゃん
2011/10/22 16:33
aiちゃんさま
いらっしゃいませ。
ようこそ、雅楽へ〜!!

糸へんと弓へんくらいの話はおもしろいでしょ♪
遠慮しないでさー(笑)
雅楽の事、知っておくれよぉぅっ♪

ゆみくろ
2011/10/25 00:26
国立劇場にご出演なんですねぇ、凄い!
衣装は、重そうですね。
体力が無いと、舞えないのでは?
あっこ
2011/11/11 21:39
あっこさま
いらっしゃいませ!!
お久しぶりでございます!!コメント有難うございます。
そうですね。
確かに思いのですが、着てしまうと持つよりは軽く感じます。
およそ30分近くは舞うので、持久力が必要です(笑)
ゆみくろ
2011/11/12 00:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本雅樂會第50回演奏会 ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる