ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ハワイ旅行記〜ホノルルマラソンスタート〜4-02

<<   作成日時 : 2010/12/29 04:27   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

スタート間近

     ゆみくろの目標タイムは5〜6時間
     スタートラインも自分に合わせたスタートラインに立てる。
画像
     ゆみくろより前方の参加者
画像
     そして後方

     アナウンスが流れる
     「23000人の参加者」 おお〜っ。凄いね〜。

5:00  花火の合図でホノルルマラソン スタート!!
画像


     もう体は高揚している♪
     足は軽快。心は弾む!!
     人の多さで少々蒸し蒸ししたが、徐々に隙間が出来て楽になる。

     た…たのしい♪
     ニヤニヤしながら走っていた。
     こんな不真面目じゃいけないなと思いながらも、笑みが止まらぬ。

     スタート地点に甲高い声の人がいる??
     高橋尚子だった。
画像
みんな手を振ったりしてるのでなかなか進まない。
     そうね、ゆみくろがスタートゲートを通過するまでに
     10分はかかったと思う。
     みんなチップがあるから安心してゆっくりスタートするんだ。
     Qちゃんも、応援しながら「早く走って〜(笑)」って言ってたわ(笑)

     5時って朝だけど、夜。
     まだ、イルミネーションが綺麗なのだ。
     さすがに走りながらだし、と思ったけど一瞬止まってシャッター
     もうすでに、遊び始めてる♪ゆみくろ
画像

     急に足元が騒がしくなった(怖)

     なんだ?!
     エイドステーションだった。そう、給水所
画像
    本当はちゃんと道端にBOXに入れるんだけど、みんなポイ捨てだねー。
     でも、ちょっと憧れのワンシーンだ。カップをポイってね。
5:40  ダウンタウンを回り、アラモアナショッピングセンターに戻ってきた
画像

6:10  カラカウア通で2度目の給水
6:18  カピオラニ公園・ホノルル動物園のかぐわしい動物達の香りの中走る。
画像
     警備のPOLICEはみんなBMWだった。
     それを抜ければ、カピオラニ公園ダイヤモンドヘッドに近づくまだ、暗い。
     だが、山の方を見て見れば、山のシルエットが見える。
     夜明けは近い。

     ダイヤモンドヘッドに入ると道が狭くなった。
画像


     後ろから何か気配を感じる!
     ホイールチェアー(車椅子)部門の方が一人見えた。
     ただ、混雑する道なので、なかなか譲れず大変だった。

     そして、それが落ち着くとまた後方から何か…
     カランコロン…って?
     下駄?!
     「まじですか」と思わず口にした時に、彼は抜いて行った。
     龍馬っぽい感じだったかな?
     そしたら、柔らかな笑顔でゆみくろのキャップをぽんとタッチして行った。

     ますます愉快だ このレース (^◇^)♪

     およそ一時間半でダイヤモンドへッドに来た。
     すぐに日は出ずに、雲がかかっていた。
     ラッキーだ。気温の上昇が少し遅くなる!!
     方向的に雲からちょうど日が昇る頃、背を向けるようになった。
     多少、まぶしい時間もあったのでサングラス使用
画像
画像
      ※二重アゴ:お詫び申し上げますm(__)m

25キロ地点
画像
     ※再度、二重アゴ:お詫び申し上げますm(__)m

     給水所ではアイスウォーターに浸されたスポンジのサービスもある。
     徐々に気温の上昇と、体温の上昇はコレによって大分救われる。
     筋肉も冷やしてやるのに、もってこいである。
画像
     ※重ねて、二重アゴ:お詫び申し上げますm(__)m
画像
     これがまた当然氷水だから冷たいのナンノ!!
     ひえーっ!!って顔してますね。

     ハーフは過ぎている。コースの折り返しも過ぎた。
     沿道の声援に、思わず 苦しくなった。
     やばい、息がすえない。
     ゆみくろ 危機が来た!!

     ゆっくり息を吸ってみた。
     落ち着いた。
     感動していたのだ!! これは嗚咽(おえつ)というもの。
     もうすでに、感動が体中をみなぎっている。
     自分に酔っていた…
画像

     こういうのが素敵、沿道に応援でいてくれていた女性
     アコーディオンでクリスマスソングを演奏して応援である
     往路の時は反対側だったので、流したが復路は近い
     一瞬足を止めて、シャッター♪素敵な笑顔を頂いた。
画像

     もちろん、ゆみくろにも応援をしてくださった!!

30キロ地点
画像

     実は、ここまで右の膝が痛かったのだ。
     しかも昨日の夜から。
     寝る前にマッサージしたり、痛み止め飲んだりしたんだけれど
     膝の痛みは抜けなかった。
     だが、また根拠の無い自信が出た。
     「これは走れば抜ける痛みだ」
     予想は当たった。
     でも、30キロかかった。
     残り12.195キロは膝を考えないで走れる。良かった。
     だから、正直、右の太ももが最初に熱くなってきた。
     途中SATOHAPのスプレーサービスを受けた。
     スポンジで冷やした。
     
     抜けたのだ。痛みが。
     ますます、ウキウキしてきた。
     30キロの段階では、疲れは感じていない。
     楽しい。まだまだ走れる。

     ただ、別の難関が来た。
     それは帰りのハイウェイコースのだらだらと、
     ダイヤモンドヘッド手前の緩やかな上り坂
     これで少々、崩れてきた。
     話には聞いていたが、ゆみくろは30キロを越えてから来た。
     靴の中の具合が少々合わなくなってきた。
     足の大きさは左右微妙に違うので、
     辛くなったら片方の靴下を考慮しようと思っていた。
     いつ、それをするか、迷っていた。
     ハイウェイを終わり左折するとき、バンドの演奏や声援が多かった。
     
     またもや、息苦しい。
     感動しているっ。
     いかん!!走りに支障がでてしまうっ!!
     深呼吸…深呼吸…
     なんとか取り戻し、スポンジは必ず手に取るようにして。

     緑のカップはゲータレード(スポーツドリンク)白いカップは水
     その先に、スポンジ。

     本当に、ゲータレードがジワーッと体に沁みて行くのがよく解る。
     パワージェルは水と飲むと吸収が良いので、それも併用して。

35キロ
画像

     ここまでは辛さを感じなかった。
     ただ、足の痛みが…というか、完全に靴の不具合が出てきてしまった。
     合ってなかった(猛烈な反省)
     靴下2枚で調整していたのを、どこで脱ぐかまだ迷っていた。
     公式タイム(5時からの計測)を見ると、後、7.195キロ
     普通に考えたら、25〜30分で行く。
     だが、35キロ走った後だから、そうはいかない。
     生意気に(笑)もしかして4時間台でゴールしちゃうかも
     なんておこがましい事を考えてみたりして(笑)

     はい。すみません。
     本当に、おこがましいです。
     そこからの長い事長い事。
     まだ、ダイヤモンドヘッド通過してませんからねー。

     このあたりの手前から、道端にICEが積まれていた。
     なんだか解らなかった。
     でも、体は正直だ。 そうか、直接乗っかって冷やすんだ。
     乗った(笑)
画像

     袋を抱えて膝の上に乗っけてみたりした。
     きもちいい〜♪
     だけど、写真をこうやって見ると、
     急に余裕が無くなってる事がよく解る(汗)

23マイル
     
画像
     マイル表示で考えるとあと3.2マイル!!
画像
     来たよ、ダイアモンドヘッド
     気持ちは萎えていないが、つま先が辛いのだ。
     でも、嫌だ という気持ちには一度もならなかった。
     そう…そして!!
     目の先には、カラフルなものが…

     「サトちゃんだー!!」
     着ぐるみ大好きである。
     基本、居たら、握手もしくは抱きしめる。
     はい。もちろんですよ。レース中ですがやりますよ。
     ゆみくろのポリシーですから(笑)
画像
     ほら、こんなに嬉しい顔。   
     サト子にサービスを受けた。
     後ろで、サトちゃんもがんばっている。
     いいぞ、ご両人。大好きだ!!
画像
     俄然、モチベーションがあがったのだ。
     まだ行けるぜっ!!
     と、思ったが、やはり左の靴下は一枚脱ぐことにした。
     道の端に除けて、腰をかがめて脱いだ。
24マイル
画像
    少し顔に余裕が戻った?

     さあ。クライマックスは近づいてきた。
     ダイヤモンドヘッドの往復はどちらもきつくなかった。
画像
画像

     そして、上の広いParkingで、和太鼓の音が!!
画像
     やっぱり日本人だね。太鼓が沁みるよぉ。

40キロ
画像
    まわりの声援も「後少し、もう少し」に変わる
     だが!!一番長く感じたのはここからだった。
     後2キロ?こんなにあるの?本当に?ちょっとコース伸ばしてない?
     って、感じるほど。
25マイル
画像
     と言う事は、後1.6キロ まだ先に思える。
     だが、そろそろ正面から向かってくる人がチラホラ。
     確かにゴールは近い!!
画像
     やばい、また苦しくなってきた。
     泣くのはもう少し待て!!
26マイル
画像
    後0.2マイル!!
画像
    FINISH GATEが目に入る
     だめっ、もう苦しい。
     違うの、だから感動で嗚咽して、もう少し、もう少し待てと言い聞かせた。
画像
     こうしてゴール直前にもシャッターを切った!!

    GOAL!!

    5時間28分55秒


    サトちゃんと遊ばなかったらもう少し早かったよね(苦笑)
    良いの良いの♪
画像


    ぐったり感はなかった。
    まるで爽快感、そして、当然の達成感。

    沿道の歓声や応援がここまでゆみくろのモチベーションを
    あげてくれるものと、本当に感謝である。
    印象に残った言葉、ボードに書かれていた言葉

    YOU CAN DO IT!!

    その看板に、ゆみくろはつぶやいた。

    I CAN DO IT!!

    やれるよっ、きっとゴールするんだ!!
    エールを送ってくれた全ての方々に感謝した。

    ゴールしてすぐ、シェル(貝)レイを掛けてくれた。
    JALの案内看板を辿って、JALテントへ。
画像


    冷たいおしぼりをどうぞとサービスがあった。
    首に巻いた。やっぱり体はヒートアップしていた。
    さて、座るかっ!!

    うきゃー!!  す…座れない!!

    太もも筋肉が縮もうとしていない。
    まだ、体は走るモードだ。
    そう、そのテントに行くときに歩いているのも足に違和感を感じていた。
    
    なんか、そんなゆみくろ おかしくて笑えた。

    「ははっはー。座れないー!!」って声あげて笑った。
画像
画像
     記念メダルである。
画像

     JALテントで一休みして、本当はサービスでホテルまでの
     バスサービスがあったが
     余韻をかみ締めたくて、靴を履き替えてのんびりホテルに戻った。

     モモの無言の訴えを感じながら(笑)

     I DID IT!!

     ゆみくろにも出来た!!
     やっちゃったー!!

     わーいわーい。おめでとう!!
     さあ!!祝杯だ〜!!
     それと…やっぱりお腹空いたー!! これが最初に感じた事!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハワイ旅行記〜ホノルルマラソンスタート〜4-02 ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる