ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS アガパンサスの咲く頃

<<   作成日時 : 2010/07/05 23:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


ブルーのお花。やっぱり好き。
もちろん、それぞれに素敵なカラーを持っていますから
どれが一番なんてことはありませんが、
ゆみくろは基本BLUE好きですから、やはりブルーのお花も目に付きます。

この季節。
梅雨の嫌な事多き時期ではありますが
思い出があります。

アガパンサスの咲く頃にお別れした ラム にゃんこ。

小学生の頃からずっと一緒に過ごして来た。
19年と2ヶ月余りでお別れしなくてはならなかった。
病気と言う病気はせず、とてもいい子でした。

老衰で最期を迎えましたが
鼓動が止まるのを最後まで見届けた事を今でも鮮明に覚えている。
最後の1ヶ月は、それは毎日泣いて過ごした。
あんなに寒がりだったのに、冷たい所を選んで一日じっとしていたり
体をびしょびしょにしてお風呂場で寝ていたり
飼うと言うことが、人間のエゴであろうということは重々承知で
一緒に生活してきた。

だからこそ、“最期”まで。

たくさんの「死」への教えを ラムから学んだ。
命尽きる前に動物としての本能はどう発揮するのか。
本当の最期の直前に、体がどう反応するか。
すべて教えてくれた。

だから、その数年後のゆみくろ父の死を迎える前に覚悟もできた。
ラムのおかげ。ほんと。
どんなに小さな生き物も、人間のような雑な生き物も
最後は最期。

ゆみくろも死に対して考えるようになったのは ラムとのお別れからだったな。
考えてその通りになるなら、人間悩みなんてないさ。
ならぬのだから、悩むのだろう。

特に「死」なんて。試せないし。


アガパンサスの咲く頃。
いつもラムに教えてもらった教訓を思い出す。

そして、涙がまだでるんだ。
「死」という事を身を持って教えてくれたラムに 心から感謝してる。

あの日の7月5日は金曜日だった。
お別れに添えたお花は アガパンサス
ちょっと難しい名前だと思ったけれど、
ラムちゃんの思い出と一緒に忘れられない花の名前になったんだ。

画像


ラムがこんなに大きな存在だったなんて事。
亡くしてわかったのさ。

画像


7月の上旬。この季節。
アガパンサスが至る所できれいに咲いている。
また、ラムに逢えるんだよ きっとね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ちゃんと最後を見届けたんですね。
きっと安心して天国へ行けたんじゃないでしょうか。
4年前、うちのワンコの時は
最後までついててあげることができなかったんです。
朝起きたら、庭の隅に横たわって動かなくなってました(涙)
今でもそのことを思い出すと胸が痛みます。。。

19年もいっしょに居られたなんて、幸せでしたね。
kuro
2010/07/06 14:15
Kuroさま
いらっしゃいませ。
ありがとうございます。19年と言うのはその長さを感じるより「居ることが当たり前」のにゃんこでした。
Kuroさんもおつらい別れの経験がおありなのですね。

ずっと一緒に居られないけれど、ペットは本当に大切な家族の存在ですよね。
ゆみくろ
2010/07/06 14:43
ゆみくろさんも長生きしたニャンコの飼い主だったのね。
最後をそんなふうに迎える事が出来てラムちゃんも幸せだったね。
小学校からずーっと一緒だと姉妹みたいな感じだよね。
悲しかったね。
娘も幼い頃から一緒に大きくなった実家の猫も20歳まで生きてくれたから、亡くなる前は死ぬなんて事考えたくなかったものね。私もだけど。
アガパンサスの咲く頃かぁ・・・
私も大好きな花よ。
我が家の庭で、まさに満開なの。
夏の花なんだけど涼しげな色なのよね。

お父様も早くに亡くなったのね。
ゆみくろさん、まだお若いのに。
わたしはまだ覚悟出来ないなぁ・・・
自分の親が亡くなってしまうなんて。
さみしいですね。
aiちゃん
2010/07/06 17:33
aiちゃんさま
いらっしゃいませ。
皆さん経験のあるとてもつらい事ですよね。
そう、家族同然妹のようでした。
アガパンサスaiちゃんちにもありますか!!ひとつで咲いていても、群生していてもどちらも好きな咲き方です。

そう。
父は早かったですね。66歳でした。
身近な方に、葬儀後「自分の親がいなくなると思わなかったでしょ」と言われました。
何も無いだけでこの言葉を聴くと「何言ってんの」という内容ですが、思いのほか早くお別れをされた方は以外とぴたっとくる言葉だと思いました。
ゆみくろは妙に合点しましたよ。
その方はもっともっと早くお父様を亡くされて大変ご苦労なさった男性でした。でも、死なない方はいませんから!その方向に向かって、充実して生きて行きたいものですよね。
ゆみくろ
2010/07/06 22:16
こんばんは。^^

正直言っちゃうと、こういう話は苦手。(苦笑)
まだチョコは元気なんだけど、今でも犬の十戒とか、犬のうたなんて聞いちゃったら、もうダメなのよ〜。
主人もなんだけど、涙が出ちゃうの。
わかっちゃいるんだけどね〜。
大昔、ペットをなくしているし、絶対飼わないって言っていて、ある日突然チョコを主人が連れてきちゃったからねぇ・・・
でも、仕方がないのよね。
その分、生きている間、いっぱいいっぱい愛してあげなくちゃね。
ペットも家族の一員だから・・・
このお花、うちの近所にたくさん咲いていて、名前は何かな?って思っていたの。
清楚で爽やかな色合いの花よね。^^
でも、ゆみくろさんのにゃんこもとっても長生きだったのね。
大切に育てられてきたのね。
うちのチョコも、ラムちゃんにあやかって、長生きさせたいわ。

ところで話は変わるけど・・・
清水さんに今オーダー入れているの。
最初だからお任せでお試しなんだけど、とっても楽しみ♪
ラフ案のラベル見たんだけど、とっても可愛かったわ♪
届いたら見せるね!
マリーナ
URL
2010/07/06 22:33
マリーナさま
いらっしゃいませ。
いつもコメント下さっている皆様、大切なペットのご家族のいらっしゃるかたばかりで、確かに、つらい事を書いてしまったと思って居ります。
最近はさくらさんもお辛いお別れをしたばかりでしたから、ちょっとコメントしづらいですよね。
でも、愛があるからこそですもの。そして、だからこそ別れ。
それぞれの家族にそれぞれの愛の形があるんですよね!!
そうやってまた新しい出逢いがあることもまた、前のペットのご縁ですもの。大切につなげて行きたいですよね!!

そうですか!!
清水さんにオーダー♪いよいよですね♪
マリーナブレンド?チョコラベル?
是非、出来上がりを教えてくださいね!!
ゆみくろ
2010/07/06 23:07
アガパンサスという名前だったんですね、この花。
この頃良く見かける花で、名前が判らないが、あの青い色が涼しげで、綺麗だなって思っていたんです。
ラムちゃん、幸せだったと思いますよ。
家族に見守られての往生ですから。
あっこ
2010/07/08 22:34
あっこさま
いらっしゃいませ。
はい。最近良く見かけるようになりましたね!
涼しげですし、清楚な感じがとても好きです。
ラムの事を思ってくださってありがとうございます。本当に良い子でした(;_;)
ゆみくろ
2010/07/09 11:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アガパンサスの咲く頃 ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる