ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲しい訃報:東儀季信さん

<<   作成日時 : 2009/11/11 23:55   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6


ゆみくろが雅楽を始めてまだ間もない頃。

東儀季信さんは私の質問に何でも答えてくださる
魔法の人でした。


季信さんは、宮内庁楽部ののお勤めをし、その後に
アメリカUCLAにて雅楽を長年ご教授され、定年後に明治神宮に職員として
お勤めになられました。

ゆみくろはその時代に
お勤めを一緒にし、多大な影響を受けた方でした。

勝絶ってなんですか?下無ってなんですか?
そんな事すらわからない時代にゆみくろ
嫌な顔一つせずにお教えくださった大切な方。

海外に“一人&初めて”行くときに本当に親身に相談に乗ってくださった。


また、勤務前の大祓奏上の時
大勢の方は先導のかたの音程に併せて唱える事も
ゆみくろは無意識に和音を取ってしまい
唱えておりました。

大祓後、参拝、清掃の時にちょちょっと寄ってこられ
ゆみくろさんはいつもハモっているから
後にいてもすぐ解るよ、声も通るし♪」

ゆみくろにとっては
これはものすごい指摘であり、また最高のホメ言葉でした。
これは一生の宝物です。

そして、東儀季信さんとはたくさん…たくさんの思い出がありすぎます。


そんな季信さん。
ここ数年、ずっと癌を患っており入退院を繰り返されていらっしゃいました。
数日前も入院していて、お見舞いを…と思って居りました所
体調が良いので退院しました。
ホッとしていた矢先の事でした。


2009年11月10日(火)20時頃 東儀季信 77歳で永眠。

じっくり思い出すと泣いてしまいます。
でも季信さんは悲しむことが嫌いな方です。
すべていつも包んでくださる方でした。

ご葬儀に奉仕させていただける事になりました。
お見送りは出来ませんでしたが、ゆみくろの笛の音が
届くようにご霊前に届けたいです。


どうかこれからもずっと私のこころの中で、支えになってください。
季信さんの言葉がどれだけゆみくろの雅楽に対する気持ちを支えてくれたかは計り知れません。

いみじくも10日のブログに雅楽について考えていた日に
季信さんが他界されていたなんて、悲しすぎます。
でも、きっとお知らせいてくださった事と思い、最後のメッセージとして
受け取りたいと思います。
雅楽に対する情熱は季信さんからも頂いていたことは
忘れた事はありませんし、これからも一生忘れる事はありません。


季信さん、本当に有難うございました。
心からご冥福をお祈りいたします。

画像

2008年3月にこの様なCDに参加されていたようです。
アマゾンで購入できました。
明日届くかな。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ビックリして言葉が出ません。。。
ゆみくろさん、訃報教えてくださってありがとうございます。
ところで、どこへ行ったら手を合わすことができるのかご存じですか?
JUN
2009/11/12 12:52
JUNさん
いらっしゃいませ。
色々お手配有難う。14・15日無事ご葬儀が執り行われましたよ。とても愛されていた方と再認識し本当に悲しいご葬儀でした。ですが心に刻まれたたくさんのご教授や想い出、これを糧にさらに精進して行きたいと心に誓いました。季信さんがそうして下さった様に、自分も出来るかはわかりませんが、出来るだけ受けた恩はつなげて行きたいです
ゆみくろ
2009/11/16 02:25
ゆみくろさん、ご葬儀でのご奉仕お疲れさまでした。
最後のお別れはできませんでしたが、空を見上げてお礼を言いました。
ゆみくろさんは、既に色々な人へ色々なことを伝授されていると思います。今まで通りの信念で行動されることを東儀さんも望んでいらっしゃると思います。(ってか、偉そうにごめんなさい(^_^;))
JUN
2009/11/16 16:40
JUNさま
いらっしゃいませ。
有難うございます。時にはくじけることもありますが、伝える事の素晴らしさをまだまだ続けて行きたいです。時々いろんな方から頂く応援メッセージは本当に心の励みになります。有難いことです。
ゆみくろ
2009/11/17 00:15
ご奉仕ありがとうございました。親族です。
私にとっては血縁は遠い親戚ですが、叔父のような存在でした。アメリカのおじさんで、幼い私にも丁寧に雅楽のお話をしてくださるあこがれの方でした。
「おじさまの体調が良いようだったら、お顔を見に行きたいのだけど」と聞いて「あまり良くないようよ」と聞き、「じゃあ、またそのうち」と答えて2週間後のことでした。
反骨の方でした。でも日本を飛び出してしまった御自分と日本の伝統について、深い思いを持っていらっしゃいました。最後に日本の若い皆さんとお仕事をするようになって、お心の内はどんなだったろうと思います。
ここでゆみくろさんのブログをみつけるなんて、なんて偶然なんでしょう。どうぞ、志を継いでくださいますように、よろしくお願いいたします。
sayaka
2009/11/23 23:03
sayakaさま
いらっしゃいませ。
ご親族のお方の書き込み、誠に有難うございます。季信さんの反骨精神、とても尊敬すべく大好きでした。この様な封建的な世の中に己を忘るる事無くでも、愛すべき大切なものは「何か」、としっかり信念をお持ちの方でした。堅苦しくすることだけが正しいのではなく、そこに雅楽の魅力を教えていただいたと言っても過言ではありません。
ご一緒させていただくうちにたくさん教えを頂戴しました。本当に悲しくて惜しくて…でも心の中にいつでも居てくださるんですよ。本当に素晴らしい方です。
ありがとうございます。
ゆみくろ
2009/11/24 14:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲しい訃報:東儀季信さん ゆみくろ 〜気まぐれなつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる